お面を手作りしてみる|子供と一緒に豆まきを楽しむ┃節分に合わせてプレゼントする
家族

子供と一緒に豆まきを楽しむ┃節分に合わせてプレゼントする

お面を手作りしてみる

女の子

節分は昔からある年中行事の一つの中でも古くから伝えられている行事の一つです。地方によって豆まきの方法は異なりますが、多くの地方では炒った豆を鬼に向かって投げるという方法は主流です。なぜ炒った豆を節分の日にまくのかというと、豆まきに使われる大豆は小さいので鬼の目に当て事ができ、鬼にダメージを与える確率が高くなると一説では言われています。そのため、2月3日の節分の日には炒った豆を鬼に向かって投げ、厄除けをするという過ごし方が主流になっています。しかし、現代では生の豆を簡単に手に入れることができません。スーパーに行っても煮た大豆が売られているため、手作りの物を作るのは難しいでしょう。そういった場合は、通販サイトやスーパーで販売されている節分用の豆を購入してみて下さい。節分用の豆まきセットには、鬼のお面が付いているのでわざわざ別で購入する必要がありません。付いているお面にも幾つか種類があるので、子供が好きそうな物を選んでプレゼントするのも良い方法です。最初から作られているタイプの物もありますが、親子で作ることができる、鬼のお面キットが付いている物もあります。キットタイプなら、工作が苦手な子供や女性でも簡単に作ることができるでしょう。そういった物をプレゼントすれば、子供との思い出を増やすこともできますし、子供の想像力を育む手助けにもなります。このように、年間の行事を利用して子供の成長を確認することもできるため、節分の日は家族みんなで楽しめる方法を考えてみて下さい。通販なら、節分用のプレゼントや、鬼のお面キットが幾つか販売されているので子供が好きそうなものを選んであげることができます。

Copyright© 2016 子供と一緒に豆まきを楽しむ┃節分に合わせてプレゼントする All Rights Reserved.